性転換手術とは

399円ブラジャー&ショーツセット

性転換手術とは、文字通り、性を転換する手術です。具体的に言うと、女性の場合、乳房をなくし、もっとすすめば子宮や卵巣といった生殖器も取ったりすること。男性なら陰茎を切除し、乳房が大きくなるようにホルモン療法をしたり、より女性らしくなるために外科手術で胸を大きくしたりすること。つまり性転換手術とは、男性なら女性らしく、女性ならより男性らしくと、肉体を改造する手術なのです。

性転換手術で多くなされるのは、やはり胸です。胸は外観から性別を見分ける重要な部分でもあります。身体が女性だったら乳房切除術を受けて胸を平らにします。身体が男性だったら、豊胸手術を受けて胸を豊かにします。性転換手術によって、性同一性を一致させることは、本人の満足を得ることにつながります。

性転換手術ができるのは、もちろん病院です。自分で情報を集め、カウンセリングをきちんと受けて納得してから受けましょう。もちろん、手術後にも外来受診をすることも必要です。

性転換手術について

性転換手術は、現在では、性別適合手術(Sex Reasignment Surgery;SRS)と言います。

性転換手術は男性の身体を持つ人がより女性らしく、女性の身体を持つ人が男性らしくと、カラダを手術によって変えることです。

性転換手術の具体例をあげると、身体的性別が男性の場合は、陰茎(ペニス)と睾丸を除去して、人工腟を形成します。身体的性別が女性の場合は、乳房と生殖器(子宮、卵巣)を除去して腟を閉鎖し、人工ペニスを形成します。

性転換手術というものがなぜ存在するのでしょうか――それは性同一性障害というものと切っても切り離せない問題でしょう。特に手術については、性同一性障害の人が一度は考える選択肢だと思います。性同一性障害を持つ人は、幼い頃から自分の体を受け入れられない状況にありました。こうした人たちが性転換手術を受けることで、性同一性を一致させることができると、本人の満足感がかなり得られるのだそうです。

性転換手術は、患者本人の性同一性を一致させる手段として有効な手術と言えます。

性同一性障害

自分の肉体の性に違和感を覚える性同一性障害者は、女性では約10万人に1人と推定されていますが、男性の場合、約3万人に1人とされ、女性よりも多いようです。手術も、性器形成時に神経や血管をつなぐ細かな技術が要求される男性への転換に比べ、女性への転換は比較的易しいため、安易に手術を行う病院もあるといわれています。
しかし、性転換手術は後戻りできない手術です。このため、日本精神神経学会の治療ガイドラインは精神療法、ホルモン療法と段階を踏んだ後に手術を行うよう規定しています。ガイドラインを尊重することが、性同一性障害の治療としての性転換手術を定着させる前提となるでしょう。

スポンサードリンク


超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入≪ホワイトデーギフト特集≫§京都 宇治のお茶屋作挽き...

性腺の移植はおこなわない

現代では一般に、性腺の移植はおこなわれていません。これは、提供者の確保が難しいこと、拒絶反応の問題があること、などが理由としてあります。中国で移植手術がおこなわれたという報道もありますが、信頼度は低いものと思われます。しかし将来は「性器バンク」のようなものが作られ、組織的に適合しやすそうな人に性腺が移植されるようなこともあるかも知れません。その場合、ドナーカードに「性器」というチェック欄ができたりするかも知れませんね。